つみたてNISA

【1番おすすめ】eMAXIS slimシリーズ完全解説

つみたてNISA eMAXIS slim 解説

この記事はこんな悩みをもったあなたへの記事

  • つみたてNISAってどこに投資すればいいの?
  • eMAXIS slim シリーズって何?
  • 全米株式とバランス型って何が違うの?

結論:eMAXIS slimは米国株式(S&P500)とバランス(8資産均等型)が買い

ノーロード、信託報酬が業界最安級に低く、純資産総額が多いと言う条件のなかで

・圧倒的伸び率に期待してeMAXIS slim米国株式(S&P500)

・安定性を重要視してeMAXIS slimバランス(8資産均等型)

が買いです。

この二つをお好みの割合で積立しましょう。

ゴリウチ
私は4割バランス型、6割米国株式型で運用しています。

eMAXIS slim シリーズとは

「業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続ける」ことを理念に掲げているめちゃくちゃ人気の投資信託。

投信ブロガーが選ぶFund of the2018においても21ファンド中、7ファンドをeMAXIS slim シリーズが独占しています。

運用会社:三菱UFJ国際投信

eMAXIS slim シリーズの種類

全部で13種類のファンドがあり、9種類がつみたてNISAに対応しています。

ここではつみたてNISAで積立可能な9種類を紹介します。

株式投資型

・国内株式(TOPIX)

・国内株式(日経平均)

・先進国株式インデックス

・米国株式(S&P500)

・新興国株式インデックス

・全世界株式(除く日本)

・全世界株式(オール・カントリー)

・全世界株式(3地域均等型)

バランス型

・バランス(8資産均等型)

おすすめなeMAXIS slim シリーズ

ファンドを選ぶ5つの基準についてはこちらで詳しく解説しています。

2020年 つみたてNISA おすすめファンド
【2020年】つみたてNISAの選ぶべき銘柄

こんにちは!資産運用でウハウハしたいゴリウチです。 つみたてNISA、最近流行ってますよね。月々だいたい3万積み立てるだけでOK。過去みてもまず負けることはない。優れた制度だということですね。 さて、 ...

続きを見る

買付手数料

9つのファンド全てがノーロード(買付手数料0円)

信託報酬←ここがポイント

・0.11% 先進国株式インデックス

・0.13% 全世界株式(除く日本)、全世界株式(オール・カントリー)、全世界株式(3地域均等型)

・0.15% 国内株式(TOPIX)、国内株式(日経平均)、バランス(8資産均等型)

・0.16% 米国株式(S&P500)

・0.20% 新興国インデックス

信託報酬が安いに越したことないのですが、パフォーマンスが低くても意味がありません。信託報酬とパフォーマンスのバランスが重要

ゴリウチ
この信託報酬は他のファンドと比べてみても破格の安さです

運用方法

9ファンド全てインデックス型。

パフォーマンス←ここがポイント

まずは9つのファンド【2019年1年間】のパフォーマンスを比較してみます。

eMAXIS slim 比較 パフォーマンス

https://emaxis.jp/special/chart/の比較ツールを使用

今ハイパフォーマンスなファンド

【伸び率重要視】

全米株式(S&P500)>②先進国株式インデックス>③全世界株式(除く日本)>④全世界株式(オール・カントリー)

【安定重要視】

バランス(8資産均等型)

純資産総額←ここがポイント

純資産総額とはファンドそのものの価値を示しているため、最も気にすべきポイントです。

純資産総額で気にすべきは、十分な額があるか順調に増えているかです。

・一般的にファンドの純資産総額は最低30億は必要だといわれています。

・また、純資産総額が増えているファンドを選ぶべきです。

純資産総額が増加は運用会社がより多くの資金を運用して多くの利益を上げることにつながります。逆に純資産総額の減少は繰り上げ償還(運用停止)にもつながります。

ではハイパフォーマンスなファンド①、②と⑤の純資産総額を見てみましょう。

米国株式(S&P500) 総額400億オーバーで純増

eMAXIS slim米国株式 純資産総額

https://emaxis.jp/special/chart/の比較ツールを使用

 

②先進国株式インデックス ↓ 総額700億オーバーで純増

https://emaxis.jp/special/chart/の比較ツールを使用

 

バランス(8資産均等型) ↓ 総額400億オーバーで純増

eMAXIS slim バランス 純資産総額

https://emaxis.jp/special/chart/の比較ツールを使用

まとめ:つみたてNISAはeMAXIS slim米国株式(S&P500)とバランス(8資産均等型)で積立しよう

ノーロード、信託報酬が業界最安級に低く、純資産総額が多いと言う条件のなかで

・圧倒的伸び率に期待してeMAXIS slim米国株式(S&P500)

・安定性を重要視してeMAXIS slimバランス(8資産均等型)

この二つをお好みの割合で積立しましょう。

↓以下の記事も読んでつみたてNISAを深く知ってください。

2020 つみたて(積立)NISA

つみたてNISA

2020/5/5

【2020年版】つみたて(積立)NISAの完全ロードマップ

ゴリウチつみたてNISAってお得で初心者におすすめって聞いたけどどんな制度なの? こんな人におすすめ 投資初心者や安全に長期投資したい人 要約 つみたてNISAはNISA制度のひとつで積立に特化しており、長期運用向け。 一般NISAは非課税期間(運用益に税がかからない)が5年。つみたてNISAの非課税期間は20年で1年間で40万円まで積立可能。 投資する対象は金融庁が厳選した投資信託。 手数料が安く、パフォーマンスも良い投資信託が揃っているうえに楽天ポイントが貯まる楽天証券で口座を開設すべし。 おすすめ投 ...

ReadMore

つみたてNISA eMAXIS slim 解説

つみたてNISA

2020/5/5

【1番おすすめ】eMAXIS slimシリーズ完全解説

この記事はこんな悩みをもったあなたへの記事 つみたてNISAってどこに投資すればいいの? eMAXIS slim シリーズって何? 全米株式とバランス型って何が違うの? タップできる目次結論:eMAXIS slimは米国株式(S&P500)とバランス(8資産均等型)が買いeMAXIS slim シリーズとはeMAXIS slim シリーズの種類おすすめなeMAXIS slim シリーズ買付手数料信託報酬←ここがポイント運用方法パフォーマンス←ここがポイント純資産総額←ここがポイントまとめ:つみたて ...

ReadMore

2020年 つみたてNISA おすすめファンド

つみたてNISA

2020/5/5

【2020年】つみたてNISAのおすすめファンド【銘柄比較】

こんにちは!資産運用でウハウハしたいゴリウチです。 つみたてNISA、最近流行ってますよね。月々だいたい3万積み立てるだけでOK。過去みてもまず負けることはない。優れた制度だということですね。 さて、この記事では、 ・つみたてNISAって最近流行っているけど実際に収益出るの? ・つみたてNISAとりあえず始めたはいいけど、どのファンド(銘柄)に投資していいかわからない といった疑問に答えていきます。この記事を読んだあなたはつみたてNISAでのファンド選びで迷うことがなくなるでしょう。 タップできる目次【結 ...

ReadMore

つみたてNISA おすすめ 口座開設

つみたてNISA

2020/5/5

【銀行&証券会社】つみたてNISAのおすすめ口座は?【楽天証券が最強です】

ゴリウチこんにちは、どうしても得したい男ゴリウチです。 今回はつみたてNISAを始めるときに最も便利でかつ稼げる口座選びを解説していきます 前提としてつみたてNISAは1人1口座しか持つことができません。しかも1度始めてしまったら1年間は口座変更できないのです。だからこそここは一番賢い選択をしましょう。 読者に無駄な時間を割いて欲しくないのであえて結論をタイトルに書きました。私自信は、実際に楽天証券で口座を開設しつみたてNISAを運用しています。 ここから詳しくいきます。お付き合いください。 タップできる ...

ReadMore

2024年から新NISA

つみたてNISA

2020/5/5

【2024年から】新NISA登場【一般とつみたてのいいとこ取り?】

昨今知らない人がいないほど有名になったNISA(小額投資非課税制度)ですが、あらゆるメディアで一般?つみたて?などと議論されています。 そんななか、2024年にNISAに一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAに加えて3種類目のNISAが加わります。 NISAってこれからどう変わるの?より賢い選択ってなに?と言う人に向けて新NISAを解説していきます。 ※この記事ではまだ名のついていない新しいNISAを新NISAと名付けています。 タップできる目次なぜ新NISAができるのか新NISAは2階建て新N ...

ReadMore

-つみたてNISA
-, ,

Copyright© SMOOTHIE , 2021 All Rights Reserved.